エイサー|沖縄のイベント情報2018

エイサーとは

県外の地域で言う「盆踊り」にあたるもので、
沖縄の伝統芸能のひとつです。
特に夏場を中心に、県内各地で見る事ができます。

形態は色々ありますが、主流なのは、
大太鼓、締め太鼓を使った形態です。
私もこの形式が一番好きです。

その後ろに、女性の手踊り隊が続き、
団体によっては男性の手踊り隊がいるところもあります。

また、締め太鼓の代わりに、「パーランクー」という、
さらに小さな太鼓を細いバチで叩いて踊る形式もあり、
地域によって多岐に渡ります。

太鼓や手踊りの人たちが隊列を組み、
地揺と呼ばれる「三線」を持った人たちが演奏する、
曲に乗せてそれぞれの地域の型を踊りながら、
地域を練り歩きます(道じゅねー)。

見どころとしては、やはり迫力ですね!
大太鼓と締め太鼓を叩く音、
曲に合わせて発せられる掛け声(フェーシ)、
そして何より踊りがきれいにあっていると、
非常にキレイで見とれてしまうくらいです。

関西に住んでいた時は、この太鼓の音を聞くたびに、
懐かしく感じていました笑

あと隊列の外側には白塗りにしたチョンダラーと呼ばれる人がいて、
周りの子供たちを盛り上げます。というのは表面上の役割で、
じつは最も大事といっても過言ではないくらいの役割を担っています。
例えば、隊列が乱れないように誘導したり、
バチを落としてしまった人を見つけたら拾ってあげたり、
バチが折れたらスペアを渡したり、その他トラブル等が起きないよう、
または起きてしまったら対処するという役割です。
ですので、あれは決して罰ゲームで新人がやらされてる訳ではなく、
むしろ団体の全てを把握したベテランが担っています。

エイサーは、各地の青年会が中心に行っています。
お盆(旧盆)の2カ月前くらいからは、
最寄りの公民館から、青年会のエイサー練習の太鼓の音が聴こえてきます。

では、エイサーが見られるイベント等を以下にご紹介したいと思います。

エイサーイベント

旧盆(8/23~8/25)

なんと言っても、これがメインイベントでしょう(個人の意見です笑)
各地の青年会がその地域を、旧盆の3日間にわたり、エイサーを踊りながら、
練り歩きます。これを道じゅねーと言います。
私も経験がありますが、その青年会では3日間とも18:00くらいから、
1:00くらいまででした。
しかも、踊りも継ぎ目がほとんどない型で、休憩もほとんどなかったです。
でも、楽しいしチョンダラーから泡盛も回ってくるので、
全然きつくはなかったです(^^)/

さて、県内各地に青年会はあるのですが、私は中部特に沖縄市の青年会が好きです。
いくつかご紹介しましょう。

・園田青年会https://www.facebook.com/SondaSeinenkai/
ここが私が好きな青年会NO.1です。
とにかく踊りもフェーシも何もかもいいです。
伝統があり、後述する「全島エイサー」でも何度も大トリを担当しています。
人数も多くて迫力があり、中でも女性の手踊りの方たちの声が非常に大きくて、
さらに迫力を引き出します!

・中の町青年会https://www.facebook.com/nakanomachi.seinenkai/
ここも好きですね。毎年迫力が増してきてるように感じます。
先日のエイサーナイトでも見る事が出来ました。
園田と同じく、毎年絶対に見たい青年会です。
踊りが結構激しいのですが、しっかりと揃っているので、
見応えありです!

・山里青年会
ここは、全員男性だけの団体です。
大太鼓・締め太鼓に加え、手踊りもあります。
男性だけならではの迫力があり、また音響や照明も大きく、
さらに迫力があって、他の団体とすれ違う(オーラセー・ガーエー)の時も、
すごい見応えです。

・胡屋青年会https://www.facebook.com/goyaseinenkai/
女性の手踊りの衣装が、とても映えて全体的にキレイに見えます。

沖縄市では他に、
・南桃原青年会
・東青年会
・山内青年会
・久保田青年会
など今思いつくだけでこれだけありますし、もっともっとたくさんあります。
ぜひ、インターネットなどで探してみてください。

また、勝連に行くと、平敷屋青年会などパーランクーで踊る伝統的な青年会もあり、
整った隊列に魅了されます。また、チョンダラーが10名くらいいて、
チョンダラーの演舞もあったり、他とは違った特徴がありまた楽しめます。

全島エイサー祭りhttp://www.zentoeisa.com/

年に一度、旧盆の翌週の週末に行われる、県内最大のエイサーイベントです。
日曜日がメインで、毎年選考もあるようです。
前日の土曜日には、青年会が中心に演舞をします。
そして、数年前からはその前の金曜日には、前夜祭という感じでしょうか、
「道じゅねー」ということで、沖縄市の国道を練り歩きます。
土日に出演する青年会がほとんど全て見られるので、個人的には、
こちらが一番好きです。夜ですので太陽も沈んでいますしね(^^)

ただ、とにかく人が多すぎて、トイレに行くだけでも大変です。
工事現場などに置いてある簡易トイレが数十台置かれてますが、
全部に多くの行列ができ、行って戻ってくる間に1つの団体が終わっていたりします笑

人ごみの苦手な方は、料金を払ってスタンド席を確保するか、
インターネット中継をご覧になる方法もあります(^^)

さらに、エイサー会場の隣では毎年ビアフェスタも同時開催されており、
そこでビールを買ってきてエイサーを見る方もいます。

祭りの最後には、カチャーシーを踊ってその後大きな花火も打ちあがりますよ!!
興味ある方はぜひ(^^)/
※お酒を飲む方は、運転は絶対にダメですよ!!

学園祭

上記の他に、県内の大学で行われる学園祭でも、
エイサーが行われます。

・琉大祭(琉球大学)9月下旬
・沖国大祭(沖縄国際大学)11月下旬
・名桜祭(名桜大学)12月上旬

他にもあるかも知れませんが、私が知ってるのは以上です(^^)/

全国各地でのイベント

沖縄県内だけでなく、全国各地でもエイサー祭りが開催されているようです。
大阪に居た時も大正区でありました!
その時も、沖縄県内から来た団体も演舞していましたよ☺

東京でもあったという話を聞いたことあります。
興味のある方調べてみてくださいね!