熱中症?頭痛などの症状の対処法は?

どういう時に熱中症になる?

炎天下や暑い場所に一定時間以上いると、
熱中症になる恐れがあります。
それは、以下のメカニズムによるものです。

人間の身体の中では、いつも熱が作られていて、
この熱を身体の外に逃がすことで、
普段は体温(36~37°)が保たれています。

ですが、運動などで身体を動かしたり、
暑い所にいたりすると、体温が上がります。

体温が上がると、流れる血液の量が増えて、
体内の熱を身体の外に逃がそうとします。
そのため血液が全身に行き渡り、
一時的に血液が足りなくって、血圧が下がる事があります。
その際に、脳に十分な血液が送られずに酸欠状態になり、
めまいや立ち眩み、ひどい時には意識を失う事もあります。(熱失神)

また著しく体温が上昇する時には、汗をかくことでも体内の熱を外に逃がします。
汗をかいて体内の水分を失った時、その分水分を摂らないと、
脱水症状になります。
※私はこの状態になったことがあります。

脱水症状が続くと、全身倦怠感、嘔吐、頭痛などの症状が現れます。(熱疲労)
ちなみに、汗をかいた時には、水分だけでなく電解質(最も多いのはナトリウム:塩分)
も失われます。
ですから、汗をかいたときは水分だけではなく、塩分も補充が必要です。
塩分が少ないと、足がつったり筋肉のけいれんを起こすことがあります。(熱けいれん)
サッカーの試合中とかにたまに見ますね。

さらに、体温が上がり体温を調節する機能が追いつかなくなると、
脳に影響が及び、倒れたり意識の障害をきたすことがあります。(熱射病:非常に危険)

最近、毎日のように熱中症のニュースが流れますね。
罰として走らされている時、
高校野球の応援中など、屋外のみならず、
朝から1時間ほど体育館での講習中になど、
冷房のない、あるいは風通しの悪い屋内などでも、
そして長時間とは限らない環境でも起こっています。
それほど、日本は暑く(熱く)なってしまったのでしょうか…。
(パチンコ店などの駐車場の車内ってのもありましたね…。)

具体的にどんな症状が出る?

Ⅰ度
めまい・失神
筋肉痛・筋肉の硬直
大量の発汗

Ⅱ度
頭痛、気分の不快、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感

Ⅲ度
意識障害、けいれん、手足の運動障害
高体温

ⅠからⅢに向かうほど重症で、
風邪と間違うような症状の場合もあるので、
暑い所にいた場合などは、
自身で判断せずに病院に行くなどした方がいいでしょう。

対処方法は?

・水分をこまめにとること
やはりこれが一番でしょうか。
よく言われるような、「スポーツドリンク」は、
やはり理にかなっているようです。
水分だけでなく、塩分も手軽に取れるアイテムです。

・塩分をほどよくとること
普段からほどよく塩分を摂る事は必要です。
ただし、過度の摂取は禁物です。

・丈夫な体づくり
バランスのいい食事、質のいい睡眠、やはりこれでしょうね。
普段から丈夫な身体づくりが必要ですね。

もし、なってしまったと感じたら?

・涼しい場所へ連れて行く
風通しのいい日陰、あればクーラーの効いている室内へ連れて行きましょう。

・とにかく身体を冷やす
身体を冷やす必要があるので、必要に応じて、
服を脱がせましょう。
クーラーに加えて、扇風機も有効です。
無ければ、水をかけたり氷を首筋や脇下、
大腿の付け根、股関節などに当てるといいでしょう。
とにかく、身体を冷やすことを心がけましょう。

なお、症状がひどい場合には、
救急に電話をして、指示を仰ぎましょう。
その間も、上記処置は続けましょう。