【日商簿記1級の面白さ】




日商簿記1級の「工業簿記・原価計算」の中で、

意思決定会計

という範囲があります。
この知識、とても有用で、
実生活にも使えるかも知れません。

どのようなものかというと、
字の通りではありますが、
意思決定何かをするのか、
あるいはしないのか、
どれを選ぶのか、
という意思決定に関わる知識です。

例えば、

・機械が古くなってきたんだけど、新しい機械を
「購入」するのか、「リース」にするのか

・それまで他社から購入していた材料を、
「内製」(自社で作る)方がいいのか、
そのまま「購入」がいいのか

・これまでA製品を作っていたが、
「B製品を作るべきか否」か

・他社から、製品を定価より〇割引だけど、
大量に買うからと注文を受けた時に、
「引き受けるべきか断るべき」か

などですね(^^)
両方の案で、色々と計算をして、
より利益が大きい方(費用が少ない方)
を選択するというものです。

これは本当使えるし、面白いです!!

興味ある方、ぜひ1級まで勉強されてみては??