【日商簿記2級を目指すならダブル受験!?】




日商簿記の勉強を始める際に、
初心者ならまずは3級から始めるといいでしょう。
そして、その後ぜひ2級まで目指してほしいと思います。

なぜなら、3級は個人事業主を対象とした知識で、
2級以上が会社を前提としているからです。
特に会社で経理を担当するあるいは履歴書に書く際には、
2級以上と書くと強いと思います!

ただ、最近の傾向として、
特に2級が非常に難しい…。
(特に11月検定は、作問自体が難しくて読みにくい…)

平成28年度から30年度にかけて、
出題範囲の大改訂中で、
今ちょうど真っ最中です。

それに伴ってか、
合格率も安定せず、

10%台前半から40%台後半と、
乱高下しています(苦笑)

大改訂が終われば、ある程度落ち着くのではないかと
考えていはいますが、それまではもうしばらくあり、
このような傾向が続くと思われます。

こういう状況ですので、
個人的には、

「3・2級のダブル受験」

をご提案したいと考えております。
例えば、今の時期だと次に2月検定がありますが、
それをあえてスキップして、
その次の6月検定に照準を合わせて、
3級→2級と学習を進めて、
6月に3・2級のダブル受験という流れです。

そうすることで、
時間も効率的に使えますし、
3級のうち2級以上も必要な範囲が終わり次第、
2級の学習に移れば、
2級の学習時間も長く確保でき、
対策も強化できます。
(3級の範囲の中には、必ずしも2級以上で重要では無いし、
また実務でもあまり必要ではない範囲も含まれる為)

それに、ダブル受験する事で、
もちろんダブル合格出来ればそれに越したことはないですが、
万が一どちらかを失敗しても、
一方は合格できるという風に、
リスクを分散する事も出来ます。

回によっては、2級が非常に難しく、
3級が超簡単だったり、
また逆だったりします。
(まれに、3級の方が合格率が低い事もあります)

当日こそ、2つとも受験となると大変にはなりますが、
ダブル受験は結構メリットが多いのではないでしょうか。

ただ、各種学校でダブル受験に対応している講義があるかどうかは、
確認が必要ですね。

私が学校運営なら、このコースを作ると思います(笑)
参考になさってくださいね!