沖縄県知事選と宜野湾市長選、同日投開票




沖縄県知事選と宜野湾市長選は2018.9.30に行われます。

おそらく全国のニュースでも報道されてると思うので、ご存じの方も多くいらっしゃると思いますが、11月まで現職のはずだった翁長知事が、在職中にガンでお亡くなりになりました。それに際して、当初の予定よりも前倒しで県知事選挙が行われる事になりました。

関連記事:2018年の沖縄は「選挙イヤー」らしい

県知事選挙には、翁長知事の後任としてご指名のあったとされる、「玉城デニー」氏と、現職の宜野湾市長だった「佐喜真淳」氏ら数人が立候補されるとの事。実質は上記2名の一騎打ちという事で報道がなされています。

大きい問題で言えばやはり、普天間基地の辺野古への移転問題から、県内の低所得問題、失業率問題、経済問題など、たくさんの問題が山積しております。将来の沖縄を良くしてくれる知事を、我々県民も本気で選ぶ必要があります。

さて、今回の知事選には先述した通り、現職の宜野湾市長だった佐喜真氏も出馬する事になったため、宜野湾市長選も行われます。これがなんと沖縄県知事選と同日という事に決まりました。僕も宜野湾市民なので何回も投票所に行くよりは、それが効率が良くていいでしょうね。ただでさえ、9月にはつい先週に宜野湾議員選挙がありましたから。

ただ、今回触れたいのは「期日前投票」に関してです。期日前投票は、投票の当日に、お仕事やらの理由で会場に行けない場合に、事前に投票を行うものです。以前は確か「不在者投票」と言って、その頃は結構厳しかった気がします。というのは例えば当日仕事なら投票のハガキの裏にちゃんと記載する個所があって、ある程度制限があったと思います。

一方、今は投票率を上げるためか、すんなり行けますし、名称も「期日前投票」と変わってますね。僕も土日が仕事なので、だいたい日曜日に行われる選挙当日には行けないことの方が多いです。実際今回の選挙には行けないので、期日前投票に伺いたいと思っています。

がしかし!県知事選挙と市長選挙の期日前投票の期間が異なっています!!県知事選挙は2週間前から可能なのですが、市長選挙は1週間前からしか投票できません!告示の期間が違うから、とか規則ですからと言えばそこまでなのですが、もっとうまく同じ日に同時に出来るようにしませんか?

対象は宜野湾市民だけなのかも知れませんが、投票率上げたいんですよね??張り切って、期日前投票の初日に投票行っても、知事選は投票できるが、市長選は出来ないので、市長選も投票したい方はまた来ないといけないわけ?そんなクレームって、絶対あるんじゃないですか?

投票率上げたいんでしょ?(2回目)

これだったら、知らずに行ってから、また来てくださいと言われても、もう行かない可能性はありますよね。確かにハガキの裏に書いてはいますが、そんな思考停止の話じゃなくてさ…。そもそもの話としてさ。

だったら、何とかしましょうよ。何か考えないですか?

あ、いっその事ネット選挙出来るようにしましょうよ!!