もし今僕が子供ならこれからこんな風に生きる




平成も終わりに近づいた現代、時代とともに色々な技術が発達して、昭和生まれの僕らからしたら、子供の頃には想像もしなかったような、いやむしろ「想像上」と思っていたようなことがどんどん実現しているのではないでしょうか。そのことにより、それまでできなかったことができるようになり、一方そのために生じてきた弊害なんかもあるのでしょうが、どちらにしろ以前より便利になり、色々な可能性が広がったのと言えるのではないでしょうか。

そこで、アラフォーの僕が今の時代に子供として生きていたとしたら、あるいは自分に子供がいたら、こういう風に生きたらいいんじゃないだろうかというのを想像してみました。

スポーツするなら野球かサッカー

僕は小4からバスケを始めて、高3までやってました。とても楽しくていい思い出・経験ですが、もし将来的にプロにまでなると考えた場合、やはり野球やサッカーでしょう!バスケも最近からかなり盛り上がって来て、プロリーグも出来ましたが、まだまだ野球やサッカーの市場規模には遠く及びません。ただ、海外と考えると、バスケもいいかも知れないですが、国内だとまだまだという印象です。

いとこの息子が、ヨーロッパのクラブチームの練習に参加するとかで選抜されて遠征に行くらしいですが、そのままプロまで行ったらそれこそドリームですね!あ、ボクシングでもいいかもですね。とは言っても、そんな何億も稼ぐスター選手になるのはとても狭き門である事は間違いありません。

学校の勉強はほどほどにビジネスに活用できる知識を

国語、算数などのいわゆる「学校の勉強」はほどほどにでいいと思います。もちろん出来るに越したことはないし、やるなとは言いません。そして、本人が好きでやっていたり、将来学校で教える事が夢ならもちろん出来た方がいいでしょう。ただ、今回言いたいのは、いわゆる「学校の」勉強は、必ずしも将来役立つとは限りません。それを言うと、基礎学力がどうとか、考え方が大事とか言いますね。僕も塾で勤務していた時、生徒に聞かれて実際そう言ってました(笑)

でも、これだけインターネットが発達した現代、果たして昔ながらの「学校の」勉強がそこまで重要でしょうか?

字を書く事が減って、漢字を書けない人が増えてきたのは問題だ→書けなくても、ネットで調べたら出ますよん!調べるためには、最低限読み方は知らないといけないですが、「書き順」なんて、絶対要りません。昔書き順間違えたらやり直しでしたよね(笑)

算数の筆算なんて、学校以外で使いましたか??ですから、これからの時代は、分からないことがあった時の調べ方、困った時の解決の仕方、そういったことを勉強すべきです。

関連記事:学校の勉強はできないでもいいんじゃない?

また、今の時代、そしてこれからの時代は、会社もどうなるかわからない時代です。かといって、国も助けてくれません。ですから、自分で稼ぐ事が出来るようになる事が重要です。だから、学校の勉強はほどほどにして、それ以外の

・ブログやSNSなどインターネットを使ったビジネスを学ぶ

・簿記や仮想通貨などお金の勉強をする

・プログラムなどを勉強する

などが大事だと考えます。ツイッター上でもたまにいますよ。今中2ですが、ネットビジネス勉強中みたいな人も。また語学も必要ですね。どの勉強も、探せば無料とかほぼ無料で勉強出来たりしますよ。動画やアプリで学ぶという方法もいくらでもあります。そこで、さらに極めたかったら課金するという流れですね。

もし僕なら、高校は行きませんね。義務教育終了後は、上記のような勉強をしつつ、語学を勉強するために外国に一定期間住みますね。今の時代、それこそ世界中どこにいても仕事は出来ますからね。インターネットの力はすごいです。

もし一流のスポーツ選手を目指すとしても、上記の勉強はしていて損はないですね。例をあげると、日本のプロバスケ選手で、現役でいながらにして公認会計士の資格を取った方がいます。スポーツ選手もずっと出来る仕事じゃないですし、ケガなどで、突然引退を余儀なくされる可能性も常にあります。そうなった際も生きて行けるように、手に職をつけるというのはとてもいいですよね。

まとめ

色々理想論を並べましたが、子供だったらと言わず、これからでもチャレンジ出来る事はたくさんありますね。特にインターネットでのビジネスはまだまだこれからですね。しっかりと勉強して、結果を出していきたいですね。

そして、自分の子供が出来てからも、そうしたいですね。あ、子供の前に結婚ですね。あ、その前に相手見つけなきゃ(笑)