台風21号が大阪を直撃(2018年)




非常に強い台風21号が、大阪あたりを直撃していますね。一昔前までは、日本に来る台風と言えば、ほとんどが沖縄を通過して日本列島へ向かうのが普通でしたよね。そのため沖縄は別名「台風銀座」なんて呼ばれてました。

しかし、最近は必ずしも沖縄に来ないで、日本列島に直接向かう事も多くなってきています。これも異常気象の一つなのでしょうか。

僕は大阪に住んでいたこともあり、友達や大好きな先輩たちも数名住んでいるので、心配です。引き続き最大限注意して、被害に遭わないよう気をつけて欲しいです。

ツイッターを見てると、台風21号による色々な被害の状況が判明しました。

・暴風で色々な物が宙を舞う

 

 

・ソーラーパネルもこの通り

・車や屋根も飛ばされます。 

・海も高波がやばいことに… 

 

・関西空港は冠水して機能不能。そして、連絡橋も船舶がぶつかる。

その他多数の被害が見られたようです。中でもひどかったのは、宅配ピザの配達員の乗ったスクーターが、風で飛ばされ、その後配達員も飛ばされてしまってました。こんな時は迷わず閉店、そして会社は休業にすべきですよね。命より大事な仕事は無いと思います。

これから色んな被害が明らかになってくるとは思いますし、今後台風21号は関東地方に向かうようなので、くれぐれも気をつけて最小限の被害で収まって欲しいです。特に人的被害が起きないことをお祈りいたします。