アキレス腱断裂して保存療法(装具着用)で治療した話

アキレス腱を2回断裂しました…涙

アキレス腱って意外と簡単に切れるんですよ笑

僕は、これまでに2回アキレス腱を断裂したことがあります。1回目は右足、2回目は左足です。こんなにも簡単に切れるのかという感じで、一瞬で切れますよ、アキレス腱って笑

関西にしばらく住んでいて、地元に戻ってから数カ月経った頃、バスケサークルみたいのに入ってる友人からのお誘いで、またバスケを再開しました。

しばらくバスケットからも離れていて、特に運動もしていなかったので、やはり全く動けません。回を重ねて行って以前のように動けるように、少しずつ戻していけばいいかなと思っていました。

3回目くらいの参加でしたかね。体力も技術も少しずつ戻って来て、動けるようになってきたので、楽しくなって来た頃だったと記憶しております。ゲーム形式の時に、ボールをもらって、リングに向かってカットイン(ドリブルで切り込む事)しようと足を踏み出した瞬間!!

ドン!!

って、何とも言えない衝撃なようなものが、右足に走りました。湿気があったのか、重心がかかっていた右足が滑ってしまって、転んでしまいました。その時にかかとのあたりに何か重いものが落ちてきたのか?誰かが転んで乗っかかって来たのか?振り返るとそのどちらでもありません。ちなみに痛みは全くありません。

なーんだと思って、起き上がって歩こうとすると…

?!?!

歩けません。というか、足をついた感覚がないというか、足で体重を支えられません。何かふわふわした感じで、おぼつきません。とにかく歩けないので、周りの方に肩を抱えてもらってコート外へ。何が起こったのかもわからず、とりあえずシューズを脱いで座っていると、アキレス腱断裂経験者の方が近寄って来て、これアキレス腱切れてるかもとの事。

アキレス腱ってわかりますよね?かかとのあたりちょうどくるぶしの後ろあたりですね、そこって今硬いと思います。それがアキレス「腱」なのですが、それがまさに「切れて」いて、指で触ってもわかります。指が「ペコ」って入ります笑切れてるからその離れたスペースに指が入るんですね笑気持ち悪いでしょ?

そして、足はブラブラします。腱が切れてるから、しっかりと固定されてない状態なんですね。で、もう一つ、うつぶせになって右足だけ曲げて床から浮かした状態で、ふくらはぎを何回か掴んで離してをやってみてください。腱がつながっている通常の状態だと、かかとから下の部分が反応して動きますよね?あれも、腱が切れていたら、ふくらはぎの部分とかかとから下の部分がつながっていないつまり離れている状態なので、ふくらはぎを掴んでも反応しません。気持ち悪いでしょ笑

これで、おそらく切れてるだろうと覚悟を決めて、病院へ。その時に友人がいてくれて、本当心強かったです。もう夜間だったので、近くの病院の救急へ連れて行ってもらい、そこでは専門医がいなかったので、とりあえず固定だけしてもらって、また翌日以降来てくださいと、松葉づえを借りて帰りました。

翌日は家の近くの整形外科に行き、MRIなどやってもらったら、はい、やはりアキレス腱断裂してました!パチパチパチ笑骨折もしたことなかったのに、いきなりの大けが記録更新でした。

アキレス腱断裂の治療って、手術する方法もあるが、今は保存療法っていって、装具をギプスや装具を着用して、安静にする方法が一般的らしいです。安静にして、アキレス腱がつながってくるので、リハビリ等を交えて治していくという方法です。

ですからその日はギプスをしてもらいました。ギプスも色々な色が選べるんですね笑最初は青にしました笑

確か3週間ほどギプス生活が続いたと思います。ギプス生活はお風呂が大変ですね。濡れないようにビニール袋で巻いてから入ってましたよ。もちろんその部分は洗えませんから、痒くなる時もありますし笑その間ももちろん松葉杖での歩行となります。仕事も両親に送迎してもらってましたね。本当、迷惑な息子です…涙

3週間後にギプスを外した時、足がかなり細くなっていたのがおかしかったですね。ずっと歩いてないわけですから、当然ですが、女性の足みたいになってました笑そこからは装具生活に移行します。松葉杖はまだ使用します。

装具というのは、固定するのですが、着脱可能なので、お風呂時は外せます。ギプスと比べたらかなり助かります。どんなものかというと、かかとが上がった状態になっています。ヒールでありませんが、数枚のパットが重なってかかとが上がった状態になっています。数週間固定していたので、その間にアキレス腱が少しくっついてきてるので、かかとを上げた状態、つまり離れていた腱の端ともう一方の端を近づける感じです。それからまた数週間と時間をかけて、どんどんくっついてくるので、それに応じてパッドを1枚ずつはがしていきます。つまりかかとを下げていくわけです。(少しずつ伸ばしていく)。人間の身体ってすごいですね。もちろん、並行してリハビリも行っていますよ。

それからさらに数週間してからは、歩く練習とかも入ってくるのですが、久々に歩く時ってやっぱり怖かったですね。右足はつけてなかったわけですから。歩けたとしても、ぎこちない感じです。歩き方を忘れていました笑

そんな感じで、リハビリも続けて行って、いよいよ装具が外れてようやく完治という流れです。僕の場合、まだ治っても無いのに、くだらない事をして、もう1回切ってますので、半年くらいはかかりましたね。担当医には言ってません笑

6年後悪夢が再び…

その後、普通の生活に戻っていましたが、悪夢が再び訪れました。甥っ子が二人、ミニバスケを始めてしばらく経った頃で、試合を見に行ってもなかなか勝てなかったので、個人技は僕の方で教えてあげようということで、バスケットコートのある公園へ2人を連れて行きました。甥っ子がバスケットをやってるっていう嬉しさもあり、指導にもどんどん熱が入って行き、一緒に張り切ってバスケをやっていた時です。本当、1回目とほとんど同じような動きの時に、やってしまいました。今度は左足です。

甥っ子二人の肩を借りて車まで戻り、運転して帰って、翌日病院で…以下は上記と同じです笑この時は、ウォーミングアップやストレッチをほとんどしてなかったので、自業自得ですね。ブランクや体系の変化もあるし、何よりアキレス腱も劣化してるんだと思います。

それ以降は、バスケはやってません。完治してますが、怖くて…。せいぜいウォーキングという感じでしょうかね。久々にマラソンは出たいと思っていますが。アキレス腱をある程度固定できるサポーターを見つけて購入したので、それを着用してから走りたいと思っています。あと、やはりストレッチは大事なようです。身体が固いから切れるようです。

まとめになりますが、アキレス腱って本当に簡単に切れますよ。みなさんもお気を付けくださいね(^^)